大亜ツール工学株式会社

MENU

設備・技術Equipment

挑む

新たな取り組み

当社は今まで数多くの技術的な「挑む」を取り組んでまいりました。
今回は事業面での「挑む」に挑戦いたします。

外国人技能実習生の受け入れをいたします。
ベトナムより
ファム・ホン・タイ
グエン・ヒュ・バオ
の2名をマシニングセンター加工での受け入れとなります。

本来であれば「研磨」での受け入れをしたいところでありますが残念ながら「研磨」技能での項目がありません。
これについては中小企業の人材不足が叫ばれているなか全国の同業者においても同様の事態が起こっていると聞きます。
そこでこれをきっかけに当社が「研磨」での受け入れを実現すべくあらゆる方面に働きかけていく所存であります。

また、外国人受け入れに関し「とにかく安い賃金で雑用でこき使う」イメージがどうしても付きまといます。
しかし私共の目的は当然人材不足に対応するためではありますが純粋に当社の技術や仕事の取組み方を実習生の母国に持ち帰って生かしてほしいと考えております。
賃金についても最低賃金ではなく通常の高卒程度の対応にしております。

あまり公にしておりませんでしたが当社は2010~2019年まで中国、青島市に研磨工場を運営しておりました。
利益の上げられる体制までは時間がかかりましたが順調にすすんでおりました。
しかし文化の違い、売り上げ金回収の難しさの壁に突き当たり志半ば2019年秋撤退いたしました。

これについては創業者である大向弘重の「大亜ツール工学の「亜」は亜細亜の亜」の思いを引き継ぐべく、直接ではありませんが大亜ツール工学で学んだ実習生が亜細亜で羽ばたく、そんな夢を見てみたいと思いました。

これからも様々な視点から「挑む」に挑戦してまいります。

今月の「挑む」

当社の様々な「挑む」商品を紹介いたします。
この「挑む」商品は基本的に100%自社製造ですのでニーズに合った対応が可能です。
「これが出来るのならこんなものは出来ない?」といったご要望はお気軽にお問合せください。

2022年7月28日更新

長尺、大径スパイラル類

S32 φ40X220LX2P 全長300L スパイラルボールエンドミル

S32 φ30X220LX2P 全長300L スパイラルエンドミル

2021年11月15日更新

小口加工において通常全刃押え込み時に底刃の仕上りが悪くなるのを防ぐために1Pのみ通常ネジレにしました。
また不等分割によるビビリ防止も期待できます。

特殊スパイラル φ18X30L 2P+1P

2P外周刃 押え込みネジレ

1P底刃 通常ネジレ

2021年9月14日更新

φ2×20L×2p sφ4 ネジレ50°スパイラル

φ2×20L×2p sφ4 ネジレ30°スパイラル

2021年6月11日更新

ヘールバイト

2021年5月14日更新

2021年3月24日更新

新商品

超薄膜DLC(Diamond-Like Carbon)コーティング始めました。

従来の窒化チタン(TiN)コーティング(金色)では木工、樹脂加工において重要であるエッジが被膜の厚み(1~4μm)により丸みを帯びてしまう問題がありました。
しかしながら一部のメーカではHV硬度1700~2000という耐摩耗性に優位性を求め採用されている部分があります。 そこで今回当社では超薄膜DLCコーティングを採用してみました。
超薄膜(0.1μm)により窒化チタンコーティングの1/10~1/40という薄膜により刃先エッジが維持できることに加えDLCコーティングのHV硬度3000という高硬度による耐摩耗性。なおかつ成膜温度が150~200℃と比較的低温で処理できるため窒化チタンコーティングでは難しかったろう付け商品にもコーティングが出来るため幅広く商品に採用出来ます。 さらに膜の表面平滑性も非常に高いため切り屑排出性、溶着性、凝着性にも効果が期待されます。

当社製造商品見本

刃部拡大図

ろう付け商品見本①

ろう付け商品見本②

ろう付け商品見本③

まだまだ研究段階ではありますのでモニターを募集しております。
当社通常製品を購入いただいたユーザ様1回限り同商品を追加にて1本、超薄膜DLCコーティングした商品を無償提供いたします。
ただし通常商品との比較データを提供していただくことが条件となります。
詳細につきましてはお気軽にお問合せください。

お気軽にお問い合わせください。

ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

TEL.088-664-6112(平日 9:00~17:00)

お問い合わせ

製造部門で培った技術と設備をもとに様々な加工に取り組んでいます。

部品加工の一例

3次元 CAD/CAM導入により更なる効率化を実現

部品加工例①(マシニングセンターを使った加工)

部品加工例②(マシニングセンターを使った加工)

また、社内での効率化を実現できたノウハウをもとに機械装置の改造も承っています。

牧野フライス精機 C-40 自動装置

C-40 自動装置タッチパネル

左右テーブル(赤)、砥石切込(黄)、ワーク回転(ピンク)自動
昇降コラム(水色)モーター移動
制御数は自由に変えられます。

納入実績先

木工、鉄工再研磨業、ダイヤモンドホイール製造業など

マシニングセンター用ワークチェンジャー

お気軽にお問い合わせください。

ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

TEL.088-664-6112(平日 9:00~17:00)

お問い合わせ